観光MaaS


実証実験での事業


帝釈峡アクセス線

(観光二次交通)

 

庄原まで広島からは高速バス(備北交通路線)やJR芸備線でアクセスできますが、そこから観光地へのアクセスが課題となっています。

庄原観光の拠点、備後庄原駅・庄原バスセンターから観光地を接続する二次交通サービスを試験導入します.

帝釈峡GSM
(Green Slow Mobility)

 往復約3kmの遊歩道を楽々移動できる「GSM(電動ゴルフカート型)」を運行します。

観光アプリ

 

スマートな観光をサポートするアプリを運用します。


運行ルート